NFL 2017 序盤を終えて ~イーグルス・チーフス・ラムズが健闘中~

Pocket

NFLは第6週目まで終えて、第7週目に入ろうとしているところです。ここまで意外な健闘を見せているのが、フィラデルフィア・イーグルス、カンザスシティ・チーフス、ロサンゼルス・ラムズ。一方で、未だ未勝利なのがサンフランシスコ・49ersとクリーブランド・ブラウンズ。まだまだプレーオフへの熾烈な戦いが続きそうですが、ここまでの順位を各地区ごとに見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

AFC東地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
ペイトリオッツ422472185961326441949695
ビルズ32343513588255331174438
ドルフィンズ32329821171214777437402
ジェッツ333353219319121281631833

AFC東地区はここまでのところ接戦。昨年王者のペイトリオッツが一歩リードしていますが、今年はペイトリオッツのディフェンスの出来がかなり悪いです。特にパス攻撃に対してのディフェンスが崩壊状態で、至急のテコ入れが必要です。オフェンス陣は、QBブレディが相変わらずの好調で、WRエデルマンの不在をカバー出来ているので、ディフェンス陣さえ立て直せれば、プレーオフは堅そうです。

AFC北地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
スティーラーズ42209814546441632921711
レーベンス33173595877719851137848
ベンガルズ23155511354201314798516
ブラウンズ061850127058018641358506

AFC北地区はスティーラーズとレイブンズが一歩リード。スティーラーズ・レイブンズともに波に乗れそうで波に乗れない状態です。ベンガルズは、開幕当初QBのアンディ・ダルトンが不調で、チーム内でもダルトン批判の声があがり、先発QB交代論がありましたが、ここ数試合は結果を出しているので、沈静化しています。果たして、このままダルトンは先発の座を守れるのかも、注目です。ブラウンズは、未だ未勝利で、指定席の最下位。新人QBのデショーン・カイザーが先発の座を獲得したのは、長年QB不毛に泣いていたチームには良いニュースですが、それがチームの結果としてデ出るにはもう暫く時間が必要なようです。

AFC南地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
タイタンズ332016122479220221387635
ジャガーズ33201310189951870996874
テキサンズ332063123782618631220643
コルツ241807122258524601775685

AFC南地区は激戦の様相です。3チームが3勝3敗でタイ、コルツも1差で追っている面白い地区になりそうです。テキサンズは、新人QBのデショーン・ワトソンが先発の座に落ち着きつつありますが、痛いのがJJ・ワッツの怪我による離脱。今シーズン内の復帰は絶望的となっています。コルツは、QBのアンドリュー・ラックが怪我で離脱中で、ペイトリオッツからトレードで獲得したジャコビー・ブリセットに期待が集まります。

AFC西地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
チーフス512311150280922691485784
ブロンコス32177711596181309958351
レイダース241670110856220881385703
チャージャーズ242071159747420311116915

AFC西地区は、上位3チーム、チーフス、レイダース、ブロンコスの争いが激しくなりそうです。開幕奪取に成功したのが、カンザスシティ・チーフス。第5週まで負け無しの5連勝。先週の第6週で初の負けを喫しましたが、プレーオフにはかなりの高確率で進出できそうです。レイダースは、QBのデレック・カーの怪我が当初より軽傷で、既にチームに復帰しているのがプラスなニュースです。ブロンコスは、相変わらず堅いディフェンスほ誇っており、ここまで全チーム最少のヤードロスです。

NFC東地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
イーグルス512299150479520351641394
レッドスキンズ321871125761415801140440
カウボーイズ231781116162016991109590
ジャイアンツ151898136153722311490741

NFC東地区はイーグルスが抜け出ています。2年目のQBカーソン・ウェンツ率いる攻撃陣が好調で、ペイトリオッツに次ぐ獲得ヤードです。昨年、NFCのカンファレンス・ファイナルまで駒を進めたダラス・カウボーイズは苦戦中。昨年躍進の原動力となったRBエゼキエル・エリオットが女性への暴行問題でリーグから出場停止を受ける可能性があり、そうなった場合ますます苦戦しそうです。

NFC北地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
バイキングス422938213614337031301472
パッカーズ423627191013805301238719
ライオンズ333317178812845041465566
ベアーズ243441184110258161190626

NFC北地区も接戦になりそうです。ミネソタ・バイキングスとグリーンベイ・パッカーズが4勝2敗で並んでいますが、パッカーズは先週QBアーロン・ロジャースが怪我で離脱。このまま長期離脱となるため、ロジャースの穴を埋められるQBがいるのか?が今後の成績に大きく影響しそうです。1差で追いかけるデトロイト・ライオンズにも充分この2チームに追いつき、追い抜ける可能性がありそうです。

NFC南地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
パンサーズ431941136857316801180500
セインツ321861129256918461342504
ファルコンズ321892128960315621052510
バッカニアーズ231910149641420171508509

NFC南地区は熾烈な争いになりそうです。パンサーズ、セインツ、ファルコンズ、何れも2敗。昨年スーパーボウルに出場したファルコンズですら、プレーオフの出場が危うくなる可能性がありそうです。個人的には、今季NFCはパンサーズがスーパーボウル出場有力チームではないか、と考えています。

NFC西地区

チーム名勝数敗数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
ラムズ422159146369621011264837
シーホークス321688114254616501014636
カージナルス332136171741920441500544
49ers061928135956922511574677

NFC西地区は、ロサンゼルス・ラムズが首位。同じく2敗で、シアトル・シーホークスがならんでいます。この地区はこの2チームの争いになりそうです。ラムズのここまでの躍進は、ここまで今シーズンの1番のサプライズ。ここ数年地区制覇を続けていたシーホークスから地区タイトル奪取となるでしょうか?49ersはブラウンズ同様、未だ未勝利ですが、試合内容は接戦が多く、ここ5試合連続で3点差以内での敗北。初勝利は、時間の問題のように思われます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする