パッキャオ  ジェフ・ホーンとの再戦は延期

Pocket

7月にまさかの黒星を喫して、WBOのウエルター級タイトルを失ったマニー・パッキャオ。その次戦は、新王者ジェフ・ホーンとの再戦と思われていました。しかし、パッキャオ側の都合で、この直接再戦はなくなり、両者の再戦は早くても来年以降となりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パッキャオの都合とは?

元々は11月12日に直接再戦の予定でしたが、この直前にフィリピンの国会議員が中国を訪問することになっており、パッキャオもその一員として参加するため準備に時間がとれない、というのがキャンセルの理由です。

パッキャオのプロモーターは、パッキャオは2018年に試合はする予定であり、引退の可能性はないこと、ジェフ・ホーンとWBOのタイトルを懸けた試合を行う意向であることを表明しましたが、議員活動とプロボクサー活動との両立は中々難しそうです。

ホーンの初防衛戦の相手は?

一方のホーンですが、初防衛戦はジェシー・バルガスの名前が挙がっています。バルガスは、パッキャオが2016年11月に現役復帰した試合の対戦相手でもありました。この時はパッキャオが判定でバルガスを降しています。

正直パッキャオの賞味期限は既に切れていると思うので、もう議員活動に専念してもらった方が良いのでは?晩節を汚す、ではありませんが、クリーンなイメージのあったパッキャオが、ファイトマネーのために戦っているように見えてしまいます。これでは金の亡者と言われるメイウェザーとあまり変わらないような…。

ホーンは、初防衛戦はバルガスでも良いと思いますが、強豪ひしめく階級なので今後どういうマッチメイクをしていくつもりなのか気になるところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする