NBAドラフト2017 1巡目まとめ 76ersは全体1位指名でマーケル・フルツを獲得

Pocket

6月22日に行われたNBAドラフト2017で1巡目に指名された選手をまとめてみました。指名順が、直前のトレードで入れ替わったところもありましたが、有力選手は大方事前の予想通りの所に落ち着き、サプライズな指名はほぼありませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1位指名指名一覧

以下が1巡目で指名された選手と指名したチームのまとめです。

全体指名順位チーム名前ポジション出身校
176ersマーケル・フルツPGワシントン大学
2レイカーズロンゾ・ボールPGUCLA
3セルティックスジェイソン・テイタムSFデューク大学
4サンズジョシュ・ジャクソン SFカンザス大
5キングスディアロン・フォックスPGケンタッキー大
6マジックジョナサン・アイザック SFフロリダ州立大
7ブルズラウリー・マルケネンPFアリゾナ大
8ニックスフランク・ニリキナPGSIGストラスバーグ
9マベリックスデニス・スミスPGノースカロライナ州立大
10トレイルブレイザーズザック・コリンズCゴンザガ大
11ホーネッツマリーク・モンクSGケンタッキー大
12ピストンズルーク・ケナード SGデューク大
13ジャズドノバン・ミッチェルSGルイビル大
14ヒートバム・アデバヨPFケンタッキー大
15キングスジャスティン・ジャクソンSFノースカロライナ大
16ティンバーウルブズジャスティン・パットンCクレイトン大
17バックスD.J.・ウィルソンPFミシガン大
18ペイサーズT.J.・リーフPFUCLA
19ホークスジョン・コリンズPFウェイクフォレスト大
20キングスハリー・ジャイルズCデューク大
21サンダーテレンス・ファーガソンSGアデレード 36ers
22ネッツジャレット・アレンCテキサス大
23ラプターズOG・アヌノビー SFインディアナ大
24ナゲッツタイラー・ライドンPFシラキュース大
2576ersアンジェス・パセチニクスC
ハーバライフ・グラン・カナリア
26トレイルブレイザーズケイレブ・スワニゲンPFパデュー大
27レイカーズカイル・クーズマPFユタ大
28ジャズトニー・ブラッドリーCノースカロライナ大
29スパーズデリック・ホワイトPGコロラド大
30レイカーズジョシュ・ハートSGビラノバ大

全体1位のマーケル・フルツは76ersへ

1位指名をセルティックスから譲り受けたフィラデルフィア76ersが、事前の予想通りワシントン大学のマーケル・フルツを全体1位で指名しました。

76ersは、昨年のベン・シモンズに続いて2年連続の1位指名。今年はベン・シモンズは怪我でデビューできませんでしたが、ジョエル・エンビードやダリオ・サリッチがチームの柱になりつつあり、ここにフルツが加われば、長年の低迷に遂に終止符を打つことができそうです。

ロンゾ・ボールは希望通りレイカーズへ

直前になって、指名の雲行きが怪しいと報道されていたUCLAのロンゾ・ボールは、希望通り地元ロサンゼルスのレイカーズに指名されました。レイカーズもコービー・ブライアント引退後フランチャイズ選手を欠いている状態でしたが、これで新たなスター選手を獲得できたことになります。

但し、ボールからパスを受ける選手がまだ充実していません。ポール・ジョージが来年の加入希望を表明していますが、果たしてその通りになるのか?その前に来シーズンはどう戦い抜くのか?オフシーズン中に更なる補強はあるのか?など疑問は尽きません。そして、レイカーズが最も恐れなければならないのは、ロンゾ・ボールの父親ラバー・ボールの発言でしょう。既に多くの顰蹙なコメントをして、マスメディアに大きく取り扱われていますが、今後は相手チーム、あるいはチームメート、チームフロントにその口撃が及びそうで、チームとしてもロンゾ以上に気になる存在となりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする