ティム・ティーボウ バットを内野席に放り込む

Pocket

Aクラス・南大西洋リーグのコロンビア・ファイヤーフライズ(メッツ傘下)で大リーグを目指している元NFLクォーターバックのティム・ティーボウ。土曜日の試合でびっくりするアクシデントを起こしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バットが観客席へ

試合はアウェイのチャールストン・リバードッグスとの試合で起こりました。ティーボウが強振したバットは、空高く舞い上がってそのまま内野観客席へ。

幸い誰にもぶつからず、怪我人はなかった模様。ティーボウはグリップが良くなかったとコメント残しています。QBの時より遠くに飛ばせるようになったのでは、と揶揄するコメントもされています(笑)。ちなみに、放り込まれたバットは、アウェイのリバードッグスが薪木にするとツイートしています。

ここまでの成績は?

そんなティーボウですが、今季はここまでこのファイヤーフライズで59試合に出場して打率.228、21打点、3本塁打という成績。197打席中63打席が三振と、その多さが目立ちます。できればAAクラスに上がって欲しいところですが、今のところはAクラスでも順応するのに時間が掛かっているようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする