アーロン・ジャッジが2ヶ月連続受賞! MLB5月の優秀選手・ルーキー

Pocket

メジャーリーグの5月の月間優秀選手・優秀投手・優秀ルーキーが発表されています。それぞれの受賞者を早速見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ナ・リーグ優秀投手:アレックス・ウッド(ドジャース)

ロサンゼルス・ドジャースのアレックス・ウッドが初受賞。5月の成績は5試合に登板して5勝0敗。28回と1/3を投げて、防御率1.27、41奪三振、4失点。ドジャースはカーショー、前田健太、リッチ・ヒルに続いて柱となる投手がでてきて、今シーズンはかなりいい成績を残せるのではないでしょうか?

ナ・リーグ優秀打者: チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)

コロラド・ロッキーズのチャーリー・ブラックモンが受賞。5月は28試合に出場して、打率.359、22打点、42安打、6二塁打、5三塁打、6本塁打、3盗塁。6本塁打という長打力もさることながら、5三塁打というのも目をひきます。

ロッキーズは今年は好調で、今のところナ・リーグ西地区の首位。同地区にはドジャースという強力なライバルがいますが、今後首位争いがデッドヒートした時に、ブラックモンが5月のような活躍ができるでしょうか?

ナ・リーグ月間ルーキー:コーディ・ベリンジャー(ドジャース)

このブログでも注目の新人として取り上げたロサンゼルス・ドジャースのコーディー・ベリンジャーが初の月間ルーキ賞受賞。

5月の成績は、28試合に出場して26安打、9本塁打、27打点。打率が.245というのが、今後の改善課題となりそうですが、それにしてもその長打力は魅力的です。まだまだこれから夏場にかけて、ホームランを量産する予感がします。

ア・リーグ優秀投手:ランス・マッカラーズ(アストロズ)

ア・リーグの投手部門はランス・マッカラーズ・ジュニアが初の受賞。2ヶ月連続でヒューストン・アストロズからの選出となりました。5月の成績は、6試合に先発して4勝0敗。36回と1/3を投げて防御率は0.99、37奪三振、4失点。シーズン開幕直後は失点が相次ぎ、4月の防御率は4.34と散々なものでしたが、立て直してきました。

ア・リーグ優秀打者:カルロス・コレア (アストロズ)

アストロズのカルロス・コレアが5月のア・リーグの優秀打者でした。アストロズは投手・打者ともに月間優秀選手に選出されました。これはア・リーグでは2010年のレッドソックス以来7年ぶり。

コレアはまだ22歳ですが、既にアストロズのチームの顔、リーグ屈指の人気選手となりつつあります。5月は26試合に出場して39安打、8二塁打、打率は.386、7本塁打、26打点。その長打力が目につきます。

ア・リーグ月間ルーキー: アーロン・ジャッジ (ヤンキース)

2ヶ月連続で、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが月間ルーキーを受賞。5月の成績は、打率.347、7本塁打、17打点、3盗塁。スラッガーでありながら、折を見て盗塁を決めている所がすごいですね。ルーキーどころか、ア・リーグの全選手の中でもトップのホームラン数。打点・打率も首位に絡んでいて、このまま活躍できれば月間優秀打者に選ばれるのも時間の問題と思われます。ひょっとすると、新人王どころか、シーズンMVPすらありうる予感です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする