ノースカロライナ大学優勝! ゴンザガ大学は一歩及ばず

Pocket

男子バスケットボール大学トーナメント(マーチマッドネス)は、ノースカロライナ大学が8年ぶりの優勝、昨年の準優勝の雪辱を晴らしました。マーチマッドネス開始当初から、下馬評が高かった両校の争いとなった決勝、試合も一進一退の好ゲームでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

決勝ダイジェスト

準決勝ではオレゴン大学に辛くも勝利したノースカロライナ大学。一方のゴンザガ大学は、準決勝で南カロライナ大学を破っての決勝進出。前半から試合は拮抗した試合となりました。前半を終えたところで、35-32でゴンザガ大学のリード。

後半に入ると直ぐにノースカロライナが立て続けに得点を重ねて逆転します。試合はここから、シーソーゲームになりましたが、残り2分を切った所ではゴンザガ大学がリード。このまま試合終了かとも思われましたが、ゴンザガ大学がここから得点を重ねることができず、逆にノースカロライナ大学は得点を重ねて逆転。試合は71-65でノースカロライナ大学の勝利、8年ぶり6回目のマーチマッドネス制覇を果たしました。ゴンザガ大学は初のファイナル4、そして決勝進出でしたが、初優勝は来季以降の目標となりました。

八村塁は出番なし

日本人選手として注目の八村塁は、トーナメントの1回戦・3回戦・4回戦に出番が数分あったものの、ほとんど活躍らしい活躍はできませんでした。まだ1年生なので、来季以降、またマーチマッドネスに戻ってきて、チームの中心選手として活躍して欲しいところです。

MOPにはジョエル・ベリー

ファイナル4以降の最も傑出した選手には、ノースカロライナ大学のポイントガードのジョエル・ベリーが選出されています。恐らくドラフトで上位指名されるであろう選手、どのチームにいっても、その活躍が楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする