トレード〆切日 大型トレードは成立せず カーメロ・アンソニーはニックス残留

Pocket

NBAのトレード〆切日だった本日、いくつかのトレードは成立しましたが、かねてから噂されていたカーメロ・アンソニーのトレードは成立せず、少なくとも今季残りはニューヨーク・ニックスに残留ということになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

噂で終わったトレード

今季のトレードで最も注目されていたのがカーメロ・アンソニー。チーム首脳の元側近から、アンソニーを批判する記事が掲載されて以降、ニックスはアンソニーをトレードに出すにではないか、と噂されていました。ニックスは、実際数チームと交渉したようですが、アンソニーのトレード禁止条項やその他の条件でまとまらなかったようです。

その他に名前が挙がっていたビッグプレイヤーは、ミネソタ・ティンバーウルブズのリッキー・ルビオ、インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージ、シカゴ・ブルズのジミー・バトラーでした。しかし、何れも条件面でまとまらなかったようで、チーム残留となりました。

今回名前が上がった選手は、シーズン残りはチーム残留ですが、このシーズンオフに再びトレードに出される可能性は少なからずありそうです。

成立したトレード

一方成立したトレードの中で最も大型トレードとなったのが、サクラメント・キングスからニューオリンズ・ペリカンズにトレード移籍したデマーカス・カズンズ。ペリカンズで組むことになる、アンソニー・デイビスとは新ツインタワーとして、注目を集めそうです。

もう一つは、今日ぎりぎりで成立したナーレンズ・ノエルのフィラデルフィア76ersからダラス・マーベリックスへのトレード。ノエルは、ジョエル・エンビードの活躍で昨季ほどの活躍ができでいない状況だったので、新天地マーベリックスでの活躍を期待したいです。

その他に、タージ・ギブソンがシカゴ・ブルズからオクラホマシティ・サンダーへ、サージ・イバーカがオーランド・マジックからトロント・ラプターズへトレードされています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする