NBA 後半戦開始 ここまでの順位とMVP・新人賞予想

Pocket

NBAはオールスターが終わり、これから後半戦。オールスター前の順位を各カンファレンス毎に見てみましょう。各カンファレンス上位8チームがプレーオフに進出します。ボーダーラインにいるチームの成り行きを見るのも面白そうです。更に、今シーズンの有力MVP選手、新人賞有力選手を予測してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

東カンファレンス

順位チーム勝数負数
1キャバリアーズ3916
2セルティックス3720
3ウィザーズ3421
4ラプターズ3324
5ホークス3224
6ペイサーズ2928
7ブルズ2829
8ピストンズ2730
9バックス2530
10ヒート2532
11ホーネッツ2432
12ニックス2432
1376ers2135
14マジック2137
15ネッツ947

東カンファレンスは、やはりクリーブランド・キャバリアーズが首位です。レブロン・ジェームス、ケビン・ラブ、カイリー・アービングが揃っているので死角が見当たりません。JRスミスが怪我で抜けているのが、懸念材料ではありますが東カンファレンスを制するのは問題なさそうです。

2位はボストン・セルティックス。ワシントン・ウィザーズかトロント・ラプターズが来るかと思っていましたが、伏兵セルティックスが躍進しています。アイザイア・トーマスの活躍が躍進に貢献しているのは間違いないでしょう。ただ、この3チームと5位のアトランタ・ホークスの順位は僅差なので、これからまだまだ変わっていきそうです。

プレーオフ進出争いは、ミルウォーキー・バックス、デトロイト・ピストンズにマイアミ・ヒートあたりでしょうか?ニューヨーク・ニックスやフィラデルフィア76ersが好調とは言えないまでも、昨年よりも明るい兆しが見えてきてる一方で、ブルックリン・ネッツの負け込み方が気になります。

西カンファレンス

順位チーム勝数負数
1ウォリアーズ479
2スパーズ4313
3ロケッツ4018
4クリッパーズ3521
5ジャズ3522
6グリズリーズ3424
7サンダー3225
8ナゲッツ2531
9キングス2433
10トレイルブレイザー2333
11ペリカンズ2334
12マーベリックス2234
13ティンバーウルフ2235
14レイカーズ1939
15サンズ1839

こちらもやはり予想通り、ゴールデンステイト・ウォリアーズが首位です。昨年ほどのぶっちぎりではありませんが、ケビン・デュラントが加入してこちらもキャバリアーズ同様死角が見当たりません。3年連続同一カードでのファイナルも充分ありそうです。

これを追うのが、サンアントニオ・スパーズ。ティム・ダンカンの引退の影響があるかと思っていましたが、全くないようで、ウォリアーズを追っています。そこに続くのがヒューストン・ロケッツにロサンゼルス・クリッパーズ。クリッパーズはもう少し上に来るかと思っていましたが、クリス・ポールの離脱などで4位。

プレーオフ進出争いは混沌としそうです。デンバー・ナゲッツ、サクラメント・キングスはもちろん、13位のミネソタ・ティンバーウルブズまでチャンスがありそうです。ポートランド・トレイルブレイザーが10位に低迷しているのが、意外な感じですがここから巻き返せるでしょうか?期限が迫っているトレードを活用したチームが、プレーオフ進出を果たせそうです。

MVP有力選手は?

2年連続でステファン・カリーが受賞していましたが、今年は違う選手が受賞しそうです。ヒューストン・ロケッツのジェームス・ハーデン、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウエストブルック、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナード、ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスあたりが有力選手です。

新人賞有力選手は?

こちらは、フィラデルフィア76ersのジョエル・エンビードでほぼ決定でしょう。怪我による長期離脱が怖いところではありますが、それさえなければ新人賞は堅いと思われます。月間ルーキー賞を3ヶ月連続で既に受賞しており、他に対抗できるような選手が見当たりません。あえて挙げれば、チームメイトのダリオ・サリッチか、ミルウォーキー・バックスのマルコム・ブログドンでしょうか?

プレーオフが3年連続で同じカードになったことは今までありませんが、今年はその歴史が塗り替えられることになるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする