NBA トレード期限迫る カーメロ・アンソニーの移籍先は?

Pocket

NBAのトレード期限が2月23日に迫っています。締め切りまで2週間ほどで、色々な噂が出てきています。特に注目がニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニー。チーム幹部との不協和音が報道されて以来、トレードで他チームに放出されることが現実味を帯びてきています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

メロの移籍先はキャバリアーズ?

ここ数日話題になっているのが、カーメロ・アンソニーとクリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブとのトレード。チームの大黒柱で、アンソニーとも親しいレブロン・ジェームスがキャバリアーズ球団首脳にトレードを推している、という噂まで流れています。しかし、キャバリアーズのヘッドコーチは今日このトレードの可能性を否定。ジャームスも、自らがトレードを後押ししている、という報道をくだらないとコメントしています。

キャバリアーズの他に、ロサンゼルス・クリッパーズ、ボストン・セルティックスが可能性として挙げられています。特にクリッパーズは、エースのクリス・ポールが怪我で離脱しているため、補強選手がほしいところでしょう。アンソニーは、トレード拒否権利をもっているので、どこにでも、というわけにはいかないようですが、この3チームへのトレードなら可能性はあるのでは無いでしょうか?

リッキー・ルビオ

ミネソタ・ティンバーウルフのリッキー・ルビオもトレードで他チームに移ることが濃厚なようです。まだ26歳ということで、数年は計算できる選手で、トレードに名乗りを上げるチームは少なからずいるでしょう。ニューオリンズ・ペリカンズ、サクラメント・キングス、オーランド・マジックが興味を示していると言われています。

ジャーリール・オカフォー

以前の記事で、フィラデルフィア・76ers再建を担うセンターとして紹介しましたが、ジョエル・エンビードの活躍で思うほどの活躍の場が得られていない今シーズンのオカフォー。トレードで、ニューオリンズ・ペリカンズにトレード移籍するのではないか、と報じられています。

ペリカンズ所属のセンター、アレクシス・アジンサに将来の1巡目指名権を加えてオカフォーとのトレードをオファーしているという噂です。

ブルック・ロペス

現在絶不調のブルックリン・ネッツ。そのチームカラーに馴染んでいない、ロペスをトレードで放出するという見方が有力です。こちらもまた、ニューオリンズ・ペリカンズが獲得に興味を示しているとのこと。オカフォー、ロペス、何れにしてもペリカンズはセンター補強が優先順位高い項目のようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする