NFLオールスターゲームのPro Bowlはなぜ注目度が低いのか?

Pocket

今週の日曜日にフロリダのオーランドでNFLのオールスターゲームであるプロボウル(Pro Bowl)が開催されます。野球・バスケットボール・アイスホッケーと比べて明らかに注目度が落ちるオールスターゲームですが、その原因は何なのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜ人気がでないのか?

人気が出ない理由は複数ありますが、理由の第一は日程でしょう。ここ数年はスーパーボウルの前の週に行われていましたが、この時期だと、次週にスーパーボウルを控えた2チームからの出場は絶望的です。そのシーズンのベスト2チームから選手が出てこないのでは、オールスターと呼べるのか、という疑問もでてきます。またこの前の週に行われたカンファレンス決勝で敗れた2チームの選手も疲労・怪我を理由に出場を見送ることが多いです。

少し前まではスーパーボウルの翌週に行われていましたが、これも似たような状況で、スーパーボウルを終えたチームの選手は疲労・怪我・モチベーションの欠如などでほぼ出場しませんでした。

もう一つの理由は、フットボールという競技性格のため怪我が避けて通れない、ということがあります。そのため、有力選手は軒並み出場を見送り、また出たとしても明らかに手抜きのプレーをするため、試合としての緊張感に欠けるという指摘があります。

さらに、1日だけの寄せ集めのチームゆえ、細かい練習ができるはずもなく、試合で用いられる戦術は、大味あるいは基本的なプレーばかりになり、これがまた試合としてのスリルを減らしていると思われます。

打開策は?

では、どうすれば、もっと注目されるプロボウルになるのでしょうか?

NFLも昨年まで数年間、AFCの対NFCという形式をとらず、ドラフト形式でチームを形成していく方式を採用していましたが、これも思ったほどの注目が集まらず、結局今年から元通りのAFC対NFCのという形式に戻ります。

最も効果ありそうなのが、試合時期の変更。プレーオフ最終盤での開催は、スーパーボウル出場の2チームを始め、カンファレンス決勝に出場したチームの選手も出場しない可能性が高いです。他のメジャースポーツ同様、シーズン中盤に中休みを兼ねてのプロボウルというのが良いのではないでしょうか?

怪我を恐れるため出場しない選手が続出することに関しては、これは開催時期をどこにしようと問題は解決しないので、思い切って、若手主体のチーム、あるいは出場時間が限られている選手に限るというのはどうでしょうか。オールスターの趣旨からは外れてしまいますが、シーズン中盤にトレードで補強を狙う際の参考となるショーケース的な試合になる可能性があります。これにより、やる気のない試合、大味な試合を避けられそうです。

最後に、每年ハワイやフロリダで行われてきたプロボウルですが、思い切って海外で開催するというのはどうでしょうか?近年レギュラーシーズン数試合が組まれているロンドンやメキシコ、あるいはアジアでの開催も良いかもしれません。選手がオールスターでなくても、普段試合が行われない海外でNFLのプロボウルが行われるというだけで、相当の集客力・注目が集まるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする