カーメロ・アンソニーに移籍騒動

Pocket

ニューヨーク・ニックスの大黒柱カーメロ・アンソニーに移籍が取りざたされています。今季、デリック・ローズなどを獲得して近年稀に見る補強をしたニックス。その甲斐あってか、年末まではプレーオフ圏内に順位を上げていましたが、年明け辺りから急降下、ここ10試合で2勝8敗と順位も一気にプレーオフ圏外まで下がってしまいました。この不振に呼応するかのような、今回の移籍騒動、何が原因なのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フィル・ジャクソン側近の批判記事

きっかけは、チームの会長を務める名伯楽フィル・ジャクソンの側近であるチャーリー・ローゼンの署名記事。この記事の中で、ローゼンは、アンソニーがチームにフィットしておらず、チーム若返りのためにも、アンソニーはニックスを去るべきだ、という論調でアンソニーを批判しています。

アンソニーとジャクソンの会談

ローゼンが、ジャクソンの側近ということで、単なる1コラムニストの批判記事とは受け取らなかったアンソニーは、チーム首脳との会談を希望。今日、アンソニーとジャクソンの対談が行われたようです。会談の中で、アンソニーはチームへの忠誠を言及し、チーム残留を希望したようです。チーム首脳の中では、アンソニーとは袂を分かつべき、という意見もあるようですが、今日の所は具体的なトレードの話などにはならなかったようです。数日時間をおいて、再び話し合いの機会が設けられる可能性はあります。

移籍の可能性は?

アンソニーは、NBAでも第9位の高額年俸の選手で、残り2年の契約を残しています。また契約にはトレード拒否条項も入っており、もし移籍する場合はこのトレード条項を取り消す必要があります。

チームの若返りを果たして、新たなフランチャイズ選手を育てたいニックスとチームトップの1試合平均22.2ポイントを獲得しているアンソニー。NBAを代表する選手だけに、獲得に名乗りを挙げるチームは複数ありそうですが、果たしてアンソニーは他チーム移籍の決意をするのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする