ティム・ティーボウ メジャーリーグ オープン戦登場の可能性

Pocket

昨秋メッツ傘下のチームとマイナー契約を果たした元デンバー・ブロンコスQBのティム・ティーボウ。今シーズンの彼の動向に注目が集まっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

アリゾナ・フォールリーグの成績

野球リーグに参加するのは、高校以来初めてだったティーボウ。初めてのプロリーグは、アリゾナ・フォールリーグでした。このリーグでの成績は打率.194、2打点、2塁打3本、8四球。62打席のうち20打席は三振という結果でした。

キャンプはマイナー・リーグでスタート

メッツは、ティーボウを春のメッツのキャンプには招待しない、と先日発表しました。ティーボウはアリゾナ・フォールリーグのレベルに達していないこと、彼に必要なものは試合に出て実戦経験を積むことであり、マイナーリーグでのキャンプインを決定したようです。具体的に、どのリーグかは言及されていません。

成績次第ではオープン戦に登場も?

メッツの球団幹部は、現時点でのメッツへのキャンプ招聘は広告以外のなにものでもない、と断言しています。但し、マイナーリーグでのキャンプ中に著しい改善があった場合は、メッツキャンプへの昇格、そしてオープン戦登場の可能性は否定していません。

このコメントは、ティーボウ、そしてティーボウファンへのリップ・サービスの可能性が高く、現実的にはマイナーリーグキャンプ参加・その後マイナーリーグでシーズンスタートが現実的な所に思えます。アリゾナ・フォールリーグで苦戦したことを考えると、Aクラス、良くてA-Advancedクラスでのスタートとなりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする