NFL地区プレーオフ 組み合わせ決定 注目は カウボーイズVSパッカーズ

Pocket

NFLプレーオフのワイルドカードシリーズは、全てホームチームが勝利、波乱はありませんでした。これで、地区プレーオフ以降の組み合わせも決定、試合が行われる順に1試合毎に紹介していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ファルコンズ VS シーホークス

NFC2位のアトランタ・ファルコンズ対3位シアトル・シーホークス。ファルコンズは、シーズンMVP最有力候補のマット・ライアン擁する攻撃陣が強烈です。一方のシーホークス、昨年まで売りだった安定した守備が今年はちぐはぐさが目立つシーズンでした。

レギュラーシーズンでは両者一回ぶつかっており、その時は24-26でシーホークスが勝利しました。ただし、その時はシアトルでの開催。今回は舞台が代わってアトランタでの開催です。点の取り合いになりそうな試合になりそうですが、シアトルの攻撃陣がアウェーでどこまで得点を重ねることができるか、が勝負を分けそうです。久々のスーパーボウル進出、そして初のスーパーボウル制覇を応援するのも込めてファルコンズ勝利を予想します。

ペイトリオッツ VS テキサンズ

AFC1位のニューイングランド・ペイトリオッツ対4位のヒューストン・テキサンズ。ペイトリオッツはTEのグロンコウスキーを欠いているものの、シーズン終盤も危なげなく勝ち上がってきて、さすがです。QBトム・ブレイディの安定感も相変わらずで、テキサンズ相手に死角は見当たりません。レギュラーシーズンでも27-0の完封勝ちを納めていて、今回もその再現となる可能性が高そうです。

テキサンズは、QBオズワイラーが好不調が大きく、この試合でどこまで活躍できるか?テキサンズの救いの材料としては、ペイトリオッツが今季喫した2敗はどちらもペイトリオッツのホームゲームであるということ。必ずしもホームが有利というわけではなさそうです。

チーフス VS スティーラーズ

AFC2位のカンザスシティ・チーフス対3位ピッツバーグ・スティーラーズ。この試合は面白い試合となりそうです。レギュラーシーズンでは14-43でチーフスは敗れていますが、それはアウェーでの結果。今回はホーム開催ということでリベンジに燃えます。対するスティーラーズは、シーズン終盤7連勝で終えており、先週のマイアミ・ドルフィンズ戦を含めると8連勝中。この勢いをチーフスが止められるのか?が見所です。スティーラーズのQBロスリスバーガーの経験が生きてきそうな試合になりそうで、好調なスティーラーズが勝ち上がると予想します。

カウボーイズ VS パッカーズ

NFC1位ダラス・カウボーイズ対4位グリーンベイ・パッカーズ。今シーズン初め、カウボーイズQBのトニー・ロモが故障のため急遽先発QBに昇格したダック・プレスコット。その後も活躍が続き、遂にはロモが復帰しても先発の座を維持し、ロモを控えQBに降格させたのは今シーズンもっとも印象に残る逸話の1つです。そして、同じく新人のRBでチームトップのランニングヤードを獲得しているエゼキエル・エリオット。この2人の新人の活躍で、カウボーイズは久々のスーパーボウル制覇を狙います。

一方のパッカーズ。シーズン中盤に4連敗を喫しましたが、そこから立ち直ってシーズン終盤は6連勝、先週のニューヨーク・ジャイアンツ戦の勝利を含めて7連勝でこのカウボーイズ戦に臨みます。QBのアーロン・ロジャースが好調なこともあり、この試合も好試合になりそうです。

パッカーズはアウェーに今季めっぽう弱いチームであること、レギュラーシーズンではパッカーズの本拠地でカウボーイズが30-16で勝利している上に今回はダラス開催、ということで、カウボーイズが有利ではあると思います。ただし、その対戦のときに比べて、パッカーズは格段に調子よくなっており、侮れる相手ではありません。総合的に見て、僅差でカウボーイズが勝ち上がると予想します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする