ダラス・カウボーイズ新QBで首位快走 パッカーズはプレーオフ進出に黄色信号 ~NFL中盤 NFC編~

Pocket

今日はNFCの各地区を見てみましょう。東地区は既に勝負が決した感がある一方で、南地区は激戦です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

東地区

チーム名勝数敗数タッチダウン数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード被タッチダウン数総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
カウボーイズ91334131256415672134792635844
ジャイアンツ7322339926297701835492627922
レッドスキンズ632641853014117126371325921121
イーグルス552134042221118320334622891057

カウボーイズの9勝1敗はNFLチーム単独トップの勝率。そして、この成績が、新人QBのダック・プレスコットによるものだから、カウボーイズにとっては懸案だったトニー・ロモからの世代交代も進みつつの成績なので、チームとしては願ったりでしょう。ひょっとすると、スーパーボール出場の可能性もありそうです。もう一人の新人QBカールソン・ウェンツを抱えるフィラデルフィア・イーグルスは失速。プレーオフの可能性が遠のいています。

北地区

チーム名勝数敗数タッチダウン数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード被タッチダウン数総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
ライオンズ64223317252279526358225361046
バイキングス64182938223870017306920611008
パッカーズ46283627262110063035672656911
ベアーズ2815344124539882334002412988

ミネソタ・バイキングスが失速して、ライオンズと同率の首位、意外なのがパッカーズの調子が上がってこないところです。この地区では絶対有利と思っていましたが、地区優勝どころかプレーオフの可能性すら黄色信号です。アーロン・ロジャース率いる攻撃陣は好調なので、守備陣の立て直しが急務です。ベアーズは、ジェイ・カトラーが不調で、ひょっとするとシーズン後にQBの補強がありそうです。

南地区

チーム名勝数敗数タッチダウン数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード被タッチダウン数総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
ファルコンズ643341663090107632385928301029
バッカニアーズ552636602600106029381726701147
セインツ463442203168105227382828071021
パンサーズ46243523244810752435352717818

最初に書きましたがこちらは激戦です。昨季のスーパーボール出場のカロライナ・パンサーズが最下位ですが、こちらはまだ挽回の可能性があります。ファルコンズとセインツの攻撃ヤード獲得数がすごいですね。

西地区

チーム名勝数敗数タッチダウン数総獲得ヤードパス獲得ヤードラン獲得ヤード被タッチダウン数総喪失ヤードパス喪失ヤードラン喪失ヤード
シーホークス7222351626658511733542370984
カージナルス45263728261111171728741902972
ラムズ46142999215484521318321571026
49ers192330961898119836431125161795

シーホークスが安定した強さを示す一方で、それを止める可能性があったカージナルスが不調です。ラムズ・49ersは、チームを再建するのが残りシーズンの課題ですが、前途は長そうです。ラムズの新QBジャレッド・ゴフはこのチャンスを掴んで来季以降先発QBとして定着できるか、残りシーズンの活躍が試金石となりそうです。49ersは開幕のラムズ戦に勝利して以来勝ち星がありません。ブラウンズが未だ白星がないので、そちらに注目が集まっていますが、こちらも2勝目をあげられるのかどうか、注目です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする