ヨエニス・セスペデス フリーエージェントに

Pocket

メッツのヨエニス・セスペデス 外野手が、残された2年契約を破棄して、フリーエージェントとなりました。このストーブリーグでフリーエージェントを宣言した初の大物選手です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

破棄された契約内容は?

もともとセスペデスは、2015年シーズン途中にデトロイト・タイガースから、マイケル・フルマー等との複数トレードでメッツに移籍してきました。移籍後は57試合で17本塁打、44打点という大活躍でチームをワールドシリーズに導きました。この活躍で、メッツは今年始め3年7500万ドル(75億円)の大型契約を結びました。ただし、セスペデスは、複数年1億ドル(100億円)以上の契約を望んでいたとされ、それを諦めるために1年目終了時点での、残り期間の契約(2年4750万ドル)の破棄およびフリーエージェントを盛り込んでのサインだったようです。

新しい年俸は?獲得チームは?

今季も31本塁打、86打点、2割8分と活躍したセスペデス、その長打力で獲得に名乗りをあげる球団は多そうですが、なんといっても流出を避けたいメッツが一番手で名乗りをあげるのは確実です。ただし、今年初めに望んでいた複数年1億ドル、あるいはそれ以上のオファーをしなければ、残留合意は難しそうで、メッツにそこまでのオファーができるのかは疑問です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする