サクラメント・キングスのハイテク新スタジアム ゴールデンワンセンター

Pocket

サクラメント・キングスの新スタジアムのゴールデンワンセンターで今日シーズン初戦が行われました。試合は残念ながらサンアントニオ・スパーズに102-94で敗れてしまいましたが、このスタジアムは最新技術を盛り込んだスタジアムとなっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

環境配慮した設計

バスケットボールの試合で17500人収容できるこのスタジアム、太陽エネルギーにより必要な電力等を全て自給できるのが目玉です。それに加えて、節水設計のトイレや建設資材のリサイクル使用もしています。更に、入口付近のガラス戸は開閉できるようになっており、天気のいい日には開放して、半屋外設定で無駄な冷房を止めることもできるようです。極めつけは、アリーナで提供される食事は半径240キロ以内から調達する、など徹底的にエコなアリーナとなっています。環境に配慮した建物に贈られる最高の証書であるLEEDプラチナを、室内競技場としては初めて獲得しています。

優れたIT技術も

これに加えて、ディスプレイはNBAのスタジアムでは初めて4K を採用、そして、スタジアム専用のアプリも開発して、自分の席の温度も調整することもできるそうです。これどういう仕組なんでしょうか?このスタジアムはサクラメントの再開発の目玉の1つであり、ゆくゆくは付近にホテルなどの建設も決まっており、総額1000億円近くが投資されるようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする