ロバート・グリフィン負傷でクリーブランド・ブラウンズ 不名誉な記録更新

Pocket

新チームクリーブランド・ブラウンズでの復活が期待されていたロバート・グリフィン(RG3)ですが、開幕戦のイーグルス戦で肩を負傷、負傷者リストに入れられてしまいました。これで、今週のバルチモア・レーベンス戦は、控えQBのジョシュ・マカウンが先発することになりました。RG3の復帰は今のところ未定、シーズン中に復帰できるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

不名誉な新記録

RG3を失った事自体チームとしては残念なニュースですが、ブラウンズはこれでシーズン中に先発QBが入れ替わるのは15シーズン連続というNFL記録更新ということです。怪我の多いQBで、先発QBが入れ替わること自体はそれほど珍しくはないものの、15シーズン連続というのは、核になる先発QBの確保ができていないということですね。ここ2年のジョニー・マンゼルを筆頭に、ブラウンズはQBには全くつきが回ってきませんね。

これまで記録保持していたチームは意外にも!?

15シーズン連続で先発QBを二人以上が務めたのは記録更新と書きましたが、これまで14シーズン連続という記録を持っていたのはどこのチームか想像つくでしょうか?意外にもニューイングランド・ペイトリオッツです。1980-1993年まで每年先発QBを固定できなかったようです。今やトム・ブレイディという不動のQBがいるので驚きますが、QBのやりくりに困っていた時期もあったのですね、ひょっとしたらブラウンズも10年後辺りには、絶対QBが君臨してプレーオフの常連になっているかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする