マイナーリーグ VIPルームでの観戦のススメ

Pocket

アメリカでの野球観戦の値段は安いというイメージを持っていませんか?ヤンキースの一番安い席は18ドル、これに発券料や税などを加えると25ドル弱くらいにはなります。日本の外野席と比べてそれほど安いという感じではありませんね。内野席やボックスシートは更に値段が高くなるので、メジャーリーグはホットドッグ片手に気軽に観戦できるか、というと必ずしもそうではありません。

ただし、マイナーリーグまで含めると値段は一気に下がります。7ドルくらいで試合を楽しむことができます。マイナーリーグといっても、AAAクラスではメジャー選手が調整を兼ねての出場もしますし、レベル自体も相当に高いものです。そんなマイナーリーグの試合をVIPルームで観戦するというちょっと贅沢なオプションを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

リノ・エーシズ

中後悠平が昇格したアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下のリノ・エーシズ。ネバダ州リノにあるエーシズボールパークのVIPルーム(ラグジュアリースイート)は、試合観戦できる座席つきのテラスに、エアコン・テレビ・バーを備えた室内の構成。1室あたり、1600ドルで20人が観戦可能、500ドル分のフードクーポンがついています。グループで観戦すれば一人あたり$80ということになります。

コロンバス・クリッパーズ

村田透が所属するAAAのコロンバス・クリッパーズもパーティースイートと呼ばれるVIPルームでの観戦プランを用意しています。1室あたり、$600で12人が観戦可能ということで、フードがついていないものの、それを抜いて考えると、エーシズの一人あたりの値段と似たような値段です。

ニューヨーク・ヤンキース

1人あたり$50くらいでVIPルームが借りられるというのがどれくらいお得なのか見てみましょう。ヤンキーススタジアムでVIPルームを1室借りようとすれば、最低価格が8,500ドルから。16人の観戦が可能ということなので、一人あたり500ドル超えているということになります。そもそも、ヤンキースのVIPルームは殆どがシーズンチケットとして、企業や熱烈なファンに抑えられているはずなので、単一試合でのVIPルーム確保は相当に困難なはずです。

まとめ

VIPルームから野球を観戦するというのは、なかなか無い体験です。10人以上のグループでワイワイ観戦するのにはもってこいのプランではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする