NBAトレード真っ盛り デリック・ローズ、サージ・イバカ

Pocket

NBAのトレードがドラフト前に活況でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

デリック・ローズ ニックスへ

もっとも大きなニュースは、シカゴ・ブルズのデリック・ローズのニューヨーク・ニックスへのトレード。2011年にMVPに輝いたローズですが、その後キャリア中盤に差し掛かっているにも関わらず、怪我のためか伸び悩んでいたためトレードに出されたようです。今季は近年の中では最多出場時間を獲得したこともあり、獲得に手を挙げるチームがいた機を逃さなかった、といえます。ジャスティン・ホリデイと来年の2巡目のドラフトもニックスへ譲渡されます。ブルズに移籍するのは、ホセ・カルデロン、ジェリアン・グラント、ロビン・ロペスの3選手。特にセンターのロペスは、ジョアキム・ノアとの併用で面白くなりそうです。

サージ・イバカ マジックへ

もう一つは、オクラホマシティ・サンダーのサージ・イバカのオーランド・マジックへのトレード。マジックからはビクター・オラディポ、エルサン・イルヤソバ、そしてドラフトで11位指名されたドマンタス・サボニスがサンダーに移籍します。オクラホマシティ・サンダーはラッセル・ウェストブルックとケビン・デュラントの2枚看板の契約更新が今年・来年とあるので、そのための資金確保と言えそうです。その一方で、引き止めに失敗した場合の、保険の意味合いもあると思います。

ドラフト前後で多くの噂、特に今年はシカゴと76ersが話題を提供していますね。まだまだトレードの話は出てきそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする